トップページへ

ぼのむどぅねーじゅの、あしあと。

フランス語で「雪だるま」という意味をもつ「ぼのむどぅねーじゅ」は、一宮市で1986年5月にオープンしました。 創業者の野田氏は勤めていた会社を退職し、アメリカのサンフランシスコで修行した後に起業。その後22年間、お店を切り盛りしてきましたが、2007年末、閉店することとなりました。営業中は、多くのお客様が訪れ、メディアに取り上げられることも度々あったため、閉店を惜しむ多くの声が聞かれました。現オーナーの恒川憲一は一宮市出身で、ぼのむどぅねーじゅのオープン時からのファン。閉店の話を聞き、「この味を残したい。」という思いで、お店を引き継ぎ、名古屋市中区大須で開店することとなりました。

ぼのむどぅねーじゅの、ヒミツはね。

新鮮なミルクを使ったアイスベースに、旬の素材や産地にこだわった素材をふんだんに使用する手作りのジェラート。たとえば、西尾産茶葉100%使用の抹茶、ヘーゼルナッツの香りがするイタリア産チョコを使ったジャンドゥーヤなど。素材の味がそのまま閉じ込められたジェラートは、なめらかな食感が贅沢!!100種類以上のレシピから、定番メニューと旬の素材を生かした限定メニューのおすすめ20種以上が常時店頭に並びます。創業から22年間親しまれた人気店の味を受け継いでいます。

ぼのむどぅねーじゅの、ひと手間のこだわり。

ラム酒にレーズンを漬け込むところから始めるラムレーズンに、バニラビーンズを取り出すところからこだわったプレミアムバニラなどなど、製法にこだわった本格的なジェラートです。また材料のカットの仕方による食感や見た目、ミルクアイスの分量による口に入れた瞬間の香りの広がりなど、細かいこだわりを持って作っています。愛情と手間暇かけた分、ジェラートは素材の味を損なうことなく、おいしく楽しめるのです。